冷凍対応で作った笹だんごです。本来は時間と共にどんどん硬くなるのですが、贈答品で送る笹の採れる時期がクール便扱いしたくなる気温になります。当店ではお土産として届いてからも美味しく食されるように冷やすと美味しい笹だんごに仕上げました。
上記の写真は、上がこし餡・下がつぶし餡です。指定がない時は下のつぶし餡を作ります。お届けしても多いと感じたら、直ぐ冷凍して頂ければ、後は自然解凍で大丈夫です。
一応10個単位ですが、5個でもまた、ちまきと組み合わせてご贈答などに使われても宜しいかと思います。この場合はメールで直接ご注文ください。

1個130円になります
新潟県産もち米を使用して作ってあります。こちらはお米ですので時間と共に老化していきます。その時は茹で直して頂ければ大丈夫です。こちらは5個に1個の砂糖入りきな粉をお付けいたします。当店としましては当地区の長井水車特製の青きな粉が美味しいと思っています。こちらがご希望の場合はメールでお願いします。こちらも笹だんごと組み合わされる時はメールでお願いします。またちまきの専用箱はないので、笹だんごの箱に入れて発送します


1個130円になります

 ここから下は当店オリジナル  
お土産・ご贈答商品
トップページ お店へ ご注文はメール等でお願いします

越後は笹だんご・ちまきです。

地元の蔵元、代々菊醸造株式会社の協力により出来た酒饅頭です。皮と白餡にたっぷり「にごり酒」と特上の「酒粕」を加え混んだまさに「酒から生まれた」お饅頭です。

20個入れ 2,200円
15個入れ 1,650円
10個入れ 1,100円
作ることになったきっかけは、転作作物として植えられたにんじんの使い道について、農家の方々からの依頼でした。にんじんとしては姿の悪い市場に出せないにんじんを有効利用する事が始まりでした。新潟県食品研究所の方にも応援していただき完成した羊羹です。姫君は当時農家の方々が「姫にんじん」として販売していたのが由来です。
作っているところもありますのでご覧ください。


2本入れ 2,160円 
にんじん羊羹「姫君」と全く同じ配合の小さいバージョンです。姫君は切ると赤い漬け物の様な形になりますが、一本ずつですと衝撃に弱いため、田舎からの贈り物の隙間塞ぎに使う用途には向きません。そこで地元(当時柿崎町)の名前を付けて土産物らしさを出しました。こちらは容量で半分くらいで、内枠でしっかり守られているので安心して他の物と入れられます。


1本 540円 
地元に何か名物を作ろうと柿崎銘菓研究会という菓子屋と包材店で、作った最初の作品です。デザインは公募したり共同で最初作ったりしましたが、現在は各お店に任せてあります。配合と価格は共通の規格商品です。配合は一緒ですが各店皆違うので上がりがオリジナル。

1本 650円 


当店で
ハマナスの実から果実酒を作り 、出来たハマナス酒を入れて作った酒ゼリーです。ハマナスの香りが一番出ているかもしれません。次の箱入れよりも簡単な手提げデザインにして6個入りを作りました。このゼリーは光に弱い(着色ないので)ため見えないパッケージになりました。ハマナス酒の段階でも光が当たると少しずつ赤くなるようです。
ハマナスゼリー単品の箱詰めです。

現在実のある間は夕日ゼリーでしています。

12個入れ 2,270円
9個入れ  1,520円
6個入れ  1,000円(上の保冷袋入れ)